SingCycle

ローン地獄に陥った一児の父親が、妻・娘に支えられつつロードバイクで頑張るブログです。

(追記)CANYON 2022 新型SHIMANO コンポ搭載車種

こんばんは。せいぱぱです。

 

ロードバイクの部品って長ったらしい名前なんですよね。

日本の4輪車みたいにガツンと名前つけてほしいなぁと毎回思います。

 

 

今日はコスパ王 CANYON のバイク構成を見ていきましょう。

新型デュラエースを搭載したやつら。庶民にどんな夢を見せてくれるのか。

(新型アルテグラ搭載は今のところなし:22年9月6日現在)

 

現在の搭載車種は以下の3車種。

・Aeroad CFR DISC MvdP  ( ¥1,159,000 )

・Ultimate CFR Disc Aero   ( ¥989,000 )

・Endurace CF SLX 9 DISC Di2( ¥849,000 )

 

 

完成車のお値段

f:id:sei_papa:20210906223722p:plain

2022:Canyon:新型 R9200 DURA-ACE 搭載完成車

 

コスパ王 Canyon.

マジ安い。いや、自転車に100万って十分イカれてるんですよ。

物の割に安いよね!!!ってだけで、決して安価という訳ではありません。

いや、高い? 安い?

いや、安いわ。

 

Aeroad CFR DISC MvdP( ¥1,159,000 )

f:id:sei_papa:20210906224642j:plain

Canyon : Aeroad CFR DISC MvdP

まさかの限定モデル。

旧作デュラエースDi2(R9150)と比較して22万円アップ。

以前モデルと比較するのは今度にして、構成パーツはどうなんだ!?

さっすがマチュー。

 

ホイール DT Swiss ARC 1100 Dicut 62mm ( 1676g:¥332,252 )

重量はCanyon公式より。

値段はDTswiss公式より$➡¥へ変換。

62mmハイトのタイムトライアル用ホイール。

高級ホイール過ぎて何も言えない。

ひとつ物申すとするならば、軽量級のせいぱぱにはちょっと踏める気がしない。

 

ハンドル Canyon CP18 Cockpit CF (不明g : フレームセットへ付属)

3月くらいになんやかんやあったハンドルだろうか。

それ以降のニュースは聞かないのできっと強化済みのハンドルなんだろう(きっと)

ハンドルを外さずに3段階でハンドル幅を設定できるのは嬉しい限り。

セッティング決まった人にはどうなんだろうとも思う🤪

 

ちなみにステム一体型でフレームセットについてくる。マジかよ。

 

サドル Selle Italia Flite Boost Kit Carbonio Superflow MVDP Edt(162g:¥49,500)

マチューの名前が入った特別モデル。お布施値段。(PCでよくあるやつ)

レールが10mm延長され、ポジションの幅が広がっている。

もちろんカーボンレール。

重量:値段比だけで語れば GIANT FLEET SLR Carbon Rail(180g:¥20,900)のが

コスパ◎。(マチュー 1gあたり¥305 、GIANT 1gあたり¥116)

 

www.singcycle.me

 

パワーメーター

やっぱりついてきたパワーメーター。

イマドキガチメン・ガチウィメンサイクリストのマストアイテム。(?)

シマノ純正 SHIMANO DURA ACE with SHIMANO Power Meter

旧作は温度によって数値がドリフトしてたみたいだけど今作はどうなのか。

せいぱぱ基本的に室内ローラーマンなので関係ないけど。

 

Aeroad CFR DISC MvdP はお買い得なのか

フレームセット+上記部品+コンポ値段を足すと¥1,334,625

ちなみにGIANT SL0 DISCの総パーツ代が¥1,314,066

パーツ代で2万の差。新しいシューズかヘルメット買える。

そう考えると結構デカいのはなかろうか。

 

完成車値段は脅威の¥1,159,000

完成車比較で GIANT SL0より20万も安い

メンテナンスを受けてくれるショップも増えてきたし、コスパが神がかってきている。

かといってGIANTが高い訳じゃない。

公式ショップである程度のメンテナンスはタダでやってくれる。(ディレーラー調整とか)

自分でメンテナンスする or 近くにメンテナンスを受けてくれるショップがいるなら

マジで買い。ハイエンドパーツてんこ盛り。

タイヤもクリンチャーがついててメンテも楽ちん。

チューブレスレディホイールなのでチューブレス化も可能!!こりゃ無敵。

分かっちゃいたけどマジ無敵。(溢れる信者感)

 

ただ、Canyonは通販のみ。

熾烈なポチポチ戦争に負けるといつ入荷するか分からない心の旅に出ることになる。

心してかからないと心折られる。

 

今回はマチューエディションだけど、通常CFRになったら通常価格になるのだろうか。

旧作デュラDi2は¥939.000

もし通常CFRで同レベルパーツが付いて発売したらSL0と40万円の差

Lightweightはさすがに手が届かないけど、ほぼ どんなホイールでも買える。

富士ヒル覇者も乗ってたAeroad ぜひあなたも乗ってみては。(覇者はリムCF SLX)

 

 

Ultimate CFR Disc Aero( ¥989,000 )

f:id:sei_papa:20210911214043j:plain

Canyon : Ultimate CFR Disc Aero

 

なんかエアロらしい。なにがエアロなんだ。

さぁ、見てみよう。(おそらく一体型ステムハンドル)

 

ホイール DT Swiss ARC 1100 Dicut 50mm ( 1472g:¥332,553 )

重量、値段はDTswiss公式より$➡¥へ変換。

50mmハイトのエアロホイール。

Aeroad より12mm低いが、重量は約200g軽い。

38mmとかが良かったなあと贅沢をいう。

 

ハンドル Canyon CP30 Aerocockpit ( 不明g )

実は新型ハンドル。

フレームセットに付属されるのはCP20と前モデルだったりする。

なにがどう変化したかは不明😇

最高グレードの素材を使用して、一体何km/hかは不明だが2桁ワット脚力節約らしい。

なんだなんだ50km/hとかか?

 

サドル ANTARES VERSUS EVO R1 ADAPTIVE(174g:¥45,800)

Canyon公式だと「 Fizik Antares Versus R1 」と記載されている。

重量と写真を見る限りは紹介モデルだと推測される🤤

3Dプリントサドル、一度座ってみたい。

5万のサドル。どんどん感覚がおかしくなるぜ!!

 

パワーメーター

Ultimateにはパワーメーター設定なし。

軽さを求めるには少しの重量増も許せなかったか。

アシオマのペダル型パワーメーターをぶち込むのが安くていいかも。

 

Ultimate CFR Disc Aero はお買い得なのか

フレームセット+上記部品+コンポ値段を足すと¥1,221,226

完成車価格は¥989,000

約24万の謎値引き。これが直販の力かァ!!!

 

Aeroad CFRに負けず劣らず超お買い得。

あとは己の使い方に合うかどうか。ケーブルがちょっぴり出てるのが許せるかどうか。

せいぱぱは特に気にならないのでアルティメットが欲しい🤤

 

 

残りの1車種は随時、追記していきます。

(Endurace CF SLX 9 DISC Di2)

少々お待ちください😇