SingCycle

ローン地獄に陥った一児の父親が、妻・娘に支えられつつロードバイクで頑張るブログです。

(追記)GIANT 2022 新型SHIMANO コンポ搭載車種


こんばんは。おはようございます。

せいぱぱです。

 

朝?夜?

よくわからない時間です。

朝練の人、おはようございます!🤪

 

みんな大好きシマノコンポ、新型が9月1日に発表されましたね。

狂喜乱舞する人、曇った顔の人。値段に絶望した人。様々です。

コンポ載せ替えの人もいますけど、完成車を買う人、狙う人も多いはず。

 

 

完成車のお値段

まずは手始めにGIANT ジャイアントのシマノ最新型コンポ搭載車種の値段を見てみましょう。

f:id:sei_papa:20210905044001p:plain

2022:GIANT:新型 R9200 DURA-ACE , R8100 ULTEGRA 搭載完成車

 

すごいですね、仕事で見るExcelまんまです😇

 

コスパのジャイアント。

せいぱぱ個人の感想ですが、エントリー価格帯はコスパ良いと思います。

パワーメーターついて20万程度だったりしますしね。

ただ、ハイエンドになると途端にお得感がなくなります。

 

しかし、イメージだけで語ってはいけません。

ついてる部品の値段も確認しましょう!

ちなみに今回の新型コンポ搭載車種にPROPELありません。かなしい😢

 

TCR ADVANCED SL 0 DISC( ¥1,375,000 )

f:id:sei_papa:20210905054730j:plain

GIANT : TCR ADVANCED SL0 DISC



まずはハイエンド中のハイエンド。

GIANT威信をかけたモデルは何をアッセンブルしてくるのか。

 

ホイール CADEX 42 TUBELESS DISC ( 1327g:¥360,000 )

  Fr: ¥154,000

  Rr: ¥198,000

 重量:     1327g(前後ペア)

 

  ロードバイクメンタルの持ち主からしたらフーンなのでしょうか。

  前後で36万円。プロペル買えますわ。これが強者の条件かぁ!!!

  しかし42mmハイトで1327gは中々の軽量性。これが前後15万なら欲しい。

 

ハンドル CONTACT SLR Carbon 31.8( 185g:¥38,500 )

  超軽量のエアロハンドルバー。420mmで185gの誘惑。

  アルテグラDi2のTCRにもついてくる太っ腹ぶり。

  その太っ腹ぶりによりハイエンドのお得感は・・・

 

ステム GIANT CONTACT SLR OD2 Carbon 31.8( 123g:¥30,800 )

  超軽量のカーボンステム。100mmで123g

  ハイエンドだし全部が超軽量なんだけど😇

  これが装着されてるのはSL0のみ

 

サドル GIANT FLEET SLR Carbon Rail(180g:¥20,900)

  これまた軽量カーボンサドル。レールもカーボン。全部カーボン!

  GIANTとLivでターゲットが違うので、GIANT製品は男性向けだ。

  もちろん、これが装着されてるのはSL0のみ

 

パワーメーター SHIMANO DURA ACE with SHIMANO Power Meter

  GIANTお得意のPOWER-PROではなくシマノ純正品。

  そりゃデリバリー開始前だし内製パワーメーターは無理な注文か。

  その内、Power-PROつけて若干安く販売しそうな予感はする。

  世界的な自転車部品需要もあるし、いつになるかはわからないけど・・・。

SL0 DISK はお買い得なのか

  フレームセット+上記部品+コンポ値段を足すと¥1,314,066

  完成車値段が¥1,375,000

  コンポのクランクがパワーメーター付きの値段ではないとしても数万はお得。

  他メーカーのスペック表見ていてもパワーメーターついてると発表してるのは

  「GIANT、MERIDA、Canyon」だけ。

  GIANTストアで買えばメンテの融通も効くしメンテ費用がぐっと抑えられる。

  Canyonには劣るが十分なコスパ。乗り味は置いといてデザインが気に入れば

  十分にあり。

  ただ、「新型デュラエースがついててなるべく安いのがいい!!」

  って思うなら買いではない。

  よっぽどアンカー、スコット、フォーカス、キャニオンの方が安い。

 

TCR ADVANCED PRO 0 DISC ULTEGRA DI2(¥693,000)

きっと、お得感が増してくるミドルグレード。

コンポだけで15万の差額。完成車で見ると70万の差額。

2台買えちゃうぞ?😇

 

ホイール  GIANT SLR 1 42 DISC Hookless Carbon ( 1452g:¥176,000 )

SL0 CADEXのものと比べ +125gの重量増。

重くなるなと思うが、鉄下駄という訳ではない。

このままホイール履き続けるか、鉄下駄履かせてお好きなホイールぶち込むのがいいか。

 

ハンドル CONTACT SLR Carbon 31.8( 185g:¥38,500 )

超軽量のエアロハンドルバーがミドルグレードにもついてくる。

形状に不満がなければこのまま使い続けられるぞ🤤

ハンドルって高いし、無交換でいけるってのは精神的にデカい。

 

ステム GIANT CONTACT SL OD2 31.8(141g:¥7,150)

SL0と比較して+18g

アルミ製なので頑丈・軽量。

ハイエンドより重いがコスパ抜群、剛性だって申し分なかろう。

カーボンステムは数gを削るための技術料が多い。欲しいけど。

 

サドル GIANT FLEET SL (220g:¥11,000)

SL0と比較して+40g

ベースはカーボン、レールはステンレスだ。

カーボンレールより気軽に使えるし十分じゃあなかろうか。

レースでも使うサドルを常用することも考えづらい。

超軽量サドルやお尻フィットするサドルを買った方がいいと思う🤪

 

パワーメーター

残念ながら搭載なし!

噂によるとアルテグラグレードもシマノ純正パワーメーターがあるとかないとか。

どうせ限定モデルでPOWER-PRO搭載が出るんだろ?!(暴論)

それまで待つぜ!!!

 

PRO 0 DISK はお買い得なのか

パーツ総額 ¥763,705

大体7万円ほどお得。

アンカーはもっとお買い得モデルあるが、ホイールのダウングレード感がすごい。

すでにディスク用ホイールを持ってて、低グレードのものでも構わないor勝負ホイール買う!!なら他メーカー推奨。

完成車についてるホイールで乗り回すならめっちゃお得。

 

アンカーばっかり引き合いに出してしまうが

RP9 ULTEGRA DI2 : DT SWISS P1800 SPLINE DB 23 ( 1584g:¥50,000)

PRO 0 DISC   : SLR 1 42 DISC Hookless Carbon  ( 1452g:¥176,000 )

 

資本の差はパーツの差だぁ!

 

デザインが好きでコスパを求めたミドルグレードが欲しいならぜひどうぞ!

 

残りの1車種は随時、追記していきます。

少々お待ちください😇